カードローンの審査基準は?

消費者金融と銀行のカードローンで異なる審査基準とは?

金利面を含めてさほど大きな違いはないように思われれる消費者金融のカードローンと銀行のカードローンですが、審査基準に関してはそれぞれに独特の方法に基づいて審査を行っています。
審査の段階で最も大きな違いは、借入限度額の設定になります。消費者金融の審査基準は、賃金業法に基づいて行われますが、このきまりの中にに総量規制という年収の1/3を超える融資を行う事が出来ないというルールがあるので、原則的に収入のない専業主婦は借入れの資格がない事になります。
銀行のカードローンは、銀行法で定められた基準で審査を行うようになっていますので、総量規制対象外という事になります。従って借入限度額が低めに設定をされる事が多くなりますが、専業主婦の方でも配偶者に安定した収入があれば借り入れる事が可能になっています。
これらの事から、自分の職業などに応じたカードローンを選択する事がポイントになります。

カードローンの審査で重要になるポイントとは何か?

カードローンの審査内容に関しては、原則的に消費者金融であっても銀行であっても大きな違いはありませんが、消費者金融はより収入の多い属性の人が有利になりやすいですが、銀行のカードローンに関しては、高収入の自由業などよりも安定した収入が特徴でもある公務員などを職業としている人が有利になります。銀行としては、預貯金などの取引も含めて、毎月の返済をしっかり行ってくれる事が最も重要と考えていますので、目先の収入よりも安定性を重視しているのだと考えられます。
職業や収入面以外には、住居や固定電話の有無なども審査に有利になると考えられますが、最も避けなければいけない状況が返済の遅れや延滞などを含めた金融事故があるといくら良い属性の人でも審査に通るのは難しくなるので注意が必要です。
特に気が付きにくいのが携帯電話の料金滞納が原因の金融事故で、このような場合にもカードローンの審査を通るのは難しいといえます。