ここがポイント!カードローンの選び方

金利と限度額からカードローンを選ぶ

カードローンでお金を借りるときは、まず金利の手数料を比較して借りるところを検討しましょう。借りたお金には金利が付くので、金利が低いところを選ぶとトータルの返済額は少なくて済みます。現在は利息制限法で金利の上限は20%に定められていますが、カードローン各社で違いがあるのでよくおく見ておきましょう。
さらに、希望の限度額が借りられるかも重要なポイントです。今月は少し無駄遣いが多かったから、数万円借りようといった場合ならあまり迷うことはないかもしれません。10万円以内なら、借りるのはそれほど難しくはないでしょう。しかし、まとまった金額が必要な方は注意が必要です。消費者金融は総量規制で年収の3分の1までしか借りることはできないので、この金額以上必要なら借入限度額の多い銀行のカードローンに申し込まなくてはいけません。

融資のスピードと返済のことを考える

カードローンを借りたいときは、緊急性のある場合が多いと考えられます。急いでいるなら、即日融資に対応しているかを見て申し込みをしましょう。消費者金融では早いと、申し込んだ当日にお金が借りられます。銀行のカードローンでは、即日融資に対応しているところはあまりありません。くわえて、申し込みができる時間帯も確認しておきましょう。申し込み時間に遅れると、借り入れは翌日以降になります。
それに、借りた後のことも考えておきましょう。カードローンでお金を借りた場合、借りている期間が長いほど金利の負担は大きくなります。返済方法の多様なところを選ぶと、繰り上げ返済もたやすく返済期間を短くすることもできるでしょう。自宅や職場の近辺など、自分の生活範囲に専用のATMや提携先のATMがあるところを選ぶと返済に便利でしょう。